Date

お身体のケア.com

日々健康な生活を送る為の知識ガイド
Breast Cancer Ribbon

敏感肌の私

posted by:
set

oqh

私の肌は敏感肌です。
ちょっとしたストレス、気候の変化ですぐに肌荒れをおこします。そのため皮膚に触れる・つけるもの、
特に朝と夜の洗顔とその後のお手入れには少し気を遣っています。

色々な美容法・アイテムを試してきましたが、一番良いと感じたのはコットンを使った化粧水パックです。
これまでもさんざん語りつくされている方法ではありますが、それなりの理由があるのだと実感しています。

コットンを水に濡らして軽く水気を切り、通常の化粧水使用量を含ませます。
コットンを裂いて顔全体と首に貼り付けて約3分。コットンをはがすと、ふっくらハリのある肌になります。
その後のお化粧のノリも大変良いです。

ただ、いくら洗顔後のお手入れを頑張っても体の内側からのケアを怠れば、やはり肌荒れはおきます。
毎日夜12時までには就寝、6時間は睡眠時間を確保します。
また、毎朝一番に炭酸水(甘味料なし)をコップ1杯飲んでいます。炭酸水は腸の動きを活発にしてくれて
毎日しっかりお通じがあるためお肌にも良いと感じています。

そしてストレスを定期的に発散するようにしています。
私の場合は、ドライブです。特に海や山に出かけて景色の良い道をひたすら走ります。

自分自身でいろいろ試して良いと感じたものが美容にも健康にも良いのだと思い、今も続けています

hr

美肌のために重要な事

posted by:
set

imasia_842233_M

美肌のために重要な事それは大きくわけて3つです。

1 早寝早起き

午後10時から午前2時までは「お肌のゴールデンタイム」と言われているとおり、美容にとってもっとも大切な時間帯です。私は絶対に10時までには夕食とお風呂を済ませ、ベッドに入り、夜更かしは避けるようにしています。また、早起きをするときちんと朝食を作って食べられますから、健康にも良いですね。

2 定期的に運動をする

ウォーキングやランニングは美容にかかせないと思っています。新陳代謝がよくなり、やせやすくなるだけでなく、適度に疲れることで夜もよく眠れます。またランニングなどは終わった後の達成感もあるので、ストレス解消にいいと思います。もちろん、ジムなどで汗をかくのもいいのですが、最近は外に出て適度に日光を浴びるのがマイブーム。日光を浴びると、ビタミンDが増えて健康にもいいんですよ。ビタミンDはカルシウムと深い結びつきがあり、また体を疲れにくくしてくれるそうです。

3 安いコスメをとことん使う

学生の頃などは、ブランドもののコスメに憧れて高い化粧品ばかり購入していたのですが、実は安い化粧品でも自分に合ったものなら十分だということがわかりました。しかも、ケチケチせずにどんどん使えます。一週間に一度でいいというパックも、安くてもそれなりのものなら毎日できてお得だと思います。

hr

ストレスをためないこと

posted by:
set

ストレスを溜めない生活。これが一番です。
でもどうしたって仕事でストレスは溜まるので、ストレスのひどい日は、少し高価な入浴剤を購入してたっぷり半身浴をすることにしています。

たくさん汗をかいて、入浴剤の素敵な香りに包まれて、身体をきれいに磨くと、すっきりしてストレスが和らぎます。

湯船に浸かると冷え防止にもなり、会社のクーラーで冷やされてガチガチになった肩も凝りがほぐれます。

ストレスがひどい!でもゆっくりお風呂に入る時間がない!という日もありますが、そういう場合には、濡れたタオルをレンジで15秒ほどあたためて、ガチガチな肩に当てて深呼吸して、ソファで少しの間ボーッとします。

すると、ガス抜きというか、身体がほぐれてストレスも抜けていく感じがしてリラックスできるのです。
それでもイライラしてどうしようもない時は、恋人や家族に思い切り甘える、という(甘えられた方はたまったもんじゃないかもしれませんが。。)方法で、とにかくなにがなんでもストレスを和らげる!これが私の美肌法です。

一度ストレスから、自律神経がおかしくなってしまい、毎週のように風邪を引く身体になってしまったことがあります。おそらく免疫力が下がってしまっていたのだと思います。
自分の時間を作りリラックスすることで、だいぶ身体の調子が良くなってきました。
心と身体って密接な関係にあるのだなぁと体感しました。
仕事の合間に軽いストレッチも、気分転換になって気持ちいいですよ。

hr